コンテンツへ移動

ユーザー興味・関心にあった広告で集客を高める

リスティング広告とはリスティング広告とは、簡単に言うと広告を配信してアクセス数を集める集客方法のことを言います。

リスティング広告へ申し込むというのは『検索キーワード』を購入すると言うことです。検索キーワードの価格はキーワードによって変わり、人気のあるビックキーワードほどキーワード単価は高くなります。

しかし、ユーザーの求めている内容と関連性のあるページを確実に表示することが出来ますので、比較的高いコンバージョン率を見込むことが出来ます。アクセス数はそこそこあるが、コンバージョン率に繋がらないという場合にこのリスティング広告は有効だと言えます。

リスティング広告の特徴

検索連動型広告と呼ばれるリスティング広告には3の特徴があります。

ユーザーの興味・関心合わせた広告を表示できる

リスティング広告は、キーワードごとでの申し込みが可能です。そのことによって、ユーザーが入力したキーワードに応じての広告表示が可能なため、購買意識を持った質の良いユーザーの集客が可能になります。

質の良いユーザーの集客が可能になればコンバージョンに繋がる可能性も増えると言うことです。数を売って当てるのではなく、確実に狙いを定めて集客しコンバージョンを上げるのがリスティング広告の魅力の1つと言えます。

クリック課金型なので費用対効果が見込める

リスティング広告はクリック課金型なので、表示されるだけでは費用はかかりません。クリックをされて初めて費用がかかりますので、無駄に広告をするより費用対効果を見込むことが出来ます。

また、キーワードの上限クリック単価が設定できますので、費用に合わせた広告の掲載が可能になります。無理な運用で広告を行い、多く費用を払ったのに効果が全くなかったなどのリスクが無くなりますで、リスティング広告をする意味は大きいと言えると思います。

検索順位や、その他設定のコントロールが可能

広告の掲載順位は申し込んだキーワードに対する入札価格と広告の品質によって決められます。また、広告をクリックした際の飛び先なども随時設定変更することが可能になります。

効果の測定が出来る

リスティング広告にはコンバージョンを測定できる機能があります。ですから、実際どのようなキーワードで呼び込んだユーザーがコンバージョンに繋がっているのかを把握することが出来ます。

更に詳しく知りたい場合はGoogle Analytics等のホームページ解析ツールを使うのもいいと思います。

これらの情報を知ることによって、どのようなキーワードならより高いコンバージョンに繋がるのか、どのような広告、ランディングページの効果が高いのか等の改善を試みることが出来ます。この試みを続けることによってリスティング広告の費用対効果を高い位置でキープできるようになります。

リスティング広告は、上記からも分かるように非常に易しい広告運営といっても良いでしょう。キーワードの価格設定や、ランディングページの設定などを随時変更することが出来ますので、無理のない広告運営が可能になります。また、キーワードやコンバージョンの解析をすることによって、費用対効果を維持することが出来るのもリスティング広告の大きな魅力と言えるでしょう。あなたがもし、自分のサイトで伸び悩んでいると感じているのであれば是非試して下さい。月に1000人、2000人の集客が可能になるかも知れません。

ページの先頭へ